【山梨県】キャンピカ明野ふれあいの里 標高1000メートルで雪中キャンプ!

スポンサーリンク
山梨県

 

スポンサーリンク

【山梨県】キャンピカ明野ふれあいの里


 

山梨県にある高規格のオートキャンプ場、キャンピカ明野ふれあいの里に遊びに行ってきました。すごい高規格です。なんとサイト内に水道がありました!

今回、お邪魔したのはワイドサイト。どこかないかなーと予約サイトを見てたら、奇跡的にキャンセルが出た模様。ソッコーで予約を入れました。その他は全て埋まっているようです。公式マップには載っていませんが、BBQエリアの近くにデーンて存在します。

公式URL:サイトマップ

 

 

前日になって分かったのですが、キャンセルが出たのは雨もしくは雪予報だったからなのですねー・・・

これはどうしようかと悩みましたが、標高1,000メートルなので、天気予報はいつもより更にアテにならないだろうし、電源サイトなので、夜は電気毛布でしのげるだろうと言うことで決行しました。

金曜からチェックイン出来る、「ハッピーフライデー割引」がお得です。世間では、プレミアムフライデーがあり、最終週の金曜日は早上がり!なんて人も居ると思いますが、この割引はうれしいですね!

我々もハッピーフライデー割引を利用させて頂きました。適用されない場合もあるようなので、利用の際は公式サイトをご確認ください!

 

公式URL:キャンプ場の割引に関して

 

18:30チェックインの予定でしたが、高速道路の八王子JCTでの渋滞にハマり、40分ほど遅れて到着しました。初の夜間設営になっただけでなく、現地は雪・・・・ 

天気予報は雨だったので、カッパがあれば大丈夫だろと余裕に思っていました。事実、高速道路を降り、キャンプ場へ向かって一般道を進んでも小雨のままで別に問題なく。

ところが、キャンプ場への道が近づいて、登り始めた途端に雪です。下に広がる町並みの天気とは全然違うんですねー。

後から従業員の方にお伺いしましたが、ここは登ってくる道路の途中で天気がガラリと変わるそうです。下界とは全く違う天気のことが多々あるとか。

来る途中は晴れてて、道路も乾いてるのに、キャンプ場敷地内に入った途端に雪なんて事もあるそうで。ここだけ別世界です。

 

 

 

キャンピカ明野はここがよかった!


 

 

とても高規格です!

キャンプサイトに向かうのに、カードキーで入場になります。こんなキャンプ場初めてです。

サイト内には水道がありました。(さすがにお湯は出ませんでしたが)炊事場も綺麗で、再工事したばかりとの事でした。とても綺麗です! お湯も出ます!ガスコンロも用意されていました。

かなりの大人数が入れる作りになっています。多分10か12,3家族は一気に作業できそう。

 

 

 

トイレも暖かいですし、綺麗でした。テントサイトはコテージと併設されています。お客さんがかなり居ましたので、そちらの方はあまり探索出来ませんでしたが、とても雰囲気良さそうです。

夜間もかなり頻繁に異常・危険がないかスタッフの方が見回りをされていました。朝方も早くからスタッフの方が、敷地内に異常がないか確認をされています。

特にオーナー様でしょうか。雪中キャンプになったので、かなり気にかけて頂き、水道など何度も様子を見に来ていただいていました。遊びに来た家族の安全と快適さを損なわないよう、出来る限りの気配りをされていると強く感じました。

 

 

今回我々はワイドサイトをお借りしましたが、かなり広い為、大型幕のランドステーションを設営してもまだスペースが余るほど。恐らく繁忙期などは2〜3家族グループで楽しむ為のサイトと思います。

「あずまや」もあるので、荷物がびしょ濡れになること無く、雨/雪の設営で大変に助かりました。キャンプ場全体としても、かなりの広さではないでしょうか。少なくとも、我々の少ない経験の中では最大級の広さと感じました。

※ この写真で、ワイドサイトの約一部。

※ 撤収後のゴミ確認中

 

センターハウスも充実

センターハウスにある売店も品揃えが良いです。綺麗に陳列されたものは、必要が無くても思わず買ってしまいそう。自宅出発前に買い忘れた物も、恐らくは問題なく揃ってしまいます。レンタル品も充実しているようで、2Fにはクリーニング中のレンタル品が多数並んでいました。

ショップは珍しいものも多く、中でもニュージーランドの10代の少女がクラウドファンディングした薪割りアイアンが置いてあり、実演もされているようです。もしかしたら貸出もしてるかも。

初めて実物を見ました。

▶ Kindling Cracker ‘King’

 

薪ストーブを導入したら、これ欲しいデス・・・ ちっこいやつ

 

 

販売されている薪はとても良かったです!事前に乾燥させているのでしょうか?

太い薪を1束。細い薪を1束購入しましたが、一度も爆ぜることはありませんでした。結局太い薪と細い薪をどちらもリピート買い。匂いもとても良いです。薪の種類と、保管、手入れの方法等を聞いておけばよかった・・・ 

 

 

センターハウスにいらっしゃるスタッフの方も、やはりイイ感じです!

入館時は女性スタッフの方。退出時には男性スタッフの方にご対応頂きましたが、恐らくは、かなり接客の教育をされている感じ。とてもニコニコ。こちらもつられてニコニコ。とてもゆったりした空気が流れる感じで、非日常感が溢れます。

また来たい!と思わずにいられない対応。スタッフさんのブログも頻繁に更新されているようなので、ぜひ事前にのぞいてみてください!

スタッフさんブログURL : ここから

さっそく予約の空きをポチポチ・・・! 空いて無いんですけどね。

撤収を終え、チェックアウトを終えてから目の前に広がる絶景が、もう少し居たくなるという気持ちにさせます。

 

 

林間サイトは、打ち込むペグに注意


 

赤松に囲まれたフリートレイルと命名されたエリアの、ワイドという所をお借りしましたが、好き嫌い分かれそうと思いました。特に夏場なんかは虫と、樹液が上から降ってきそうです。(未経験なので予想です。

ランドステーションを広げて、2日目には雪中にも関わらず2〜3匹の虫がテント内に暖を取りに来ました。特に樹液に関しては、テントに付いちゃうとなかなか取れませんので、注意が必要です。夏場だと、ちょっと樹液が多いかも知れません。虫に関しては苦手な人も居るかもなので、虫除けなんかを多く持っていくといいかもしれません。

何度も書きますが、初回の利用であり未経験なので予想です。

ちなみに、ワイドエリアは赤松に囲まれていますが、上も見渡せるくらいの開放がされているので、設営場所を選べば、上からなにか降ってきても問題ないと思います。

ハッキリと分かったのは、地面が柔らかめです!

ワイドエリアは、ソリステ40でもハンマーが必要ないくらいズボっと入り込みました。これは夜間だった為、設営の場所が悪かったのもあるのですが、あまりエリアの端っこに陣取ると、人工的に整地されているウッドチップ上なので、ペグが抵抗なくスーッと入って行きます。

ロープを引っ張るとあっさり抜けてしまい、ペグの意味がほぼない箇所が有りました。風の強い日だと、恐らく鍛造ペグが付いたままロープが跳ね上がって暴れます。そうなると危ないですね。

撤収時には奥側のペグがソリステ40はなんとか持ちこたえ、ソリステ30は1/3ほど抜けかかっていましたた。設営場所には注意し、ペグダウンする予定の所をテント立ち上げ前に、チェックする事をオススメします。ただしこのウッドチップのサイトは水はけがかなり良さそうです。恐らく相当な降水量でも水たまりにはならない感じ。ジャグの水をバシャーンとこぼしてしまったのですが、スーッと地面に入っていきました。

以上、我々が感じたのは、

夏は虫が多そう(予想 

夏は樹液がたれてきそう(予想 

設営場所に注意

位です! いずれも工夫でカバー出来る範囲かと。

あ、一番奥に熊出没注意の看板がありました。

 

ギャラリー

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました