【新潟県】無印良品のキャンプ場 津南キャンプ場!

スポンサーリンク
新潟県

 

スポンサーリンク

【新潟県】無印良品 津南キャンプ場


 

新潟県にある、無印良品のキャンプサイトです。無印良品のキャンプ場は幾つか有るようですが、今回は自宅から少し遠目の「津南キャンプ場」にお邪魔しました。

群馬にも拠点があり、そちらのほうが近いのですが、L-Breathのスノーピーク店長(Oさん)からお聞きした情報だと移動時間とキャンプ場のロケーションの良さは、反比例するそうで。

都心から近ければ近いほど、ロケーションが良いところは少なくなってしまうと。その為、まずはちょっと離れた津南キャンプ場を覗いてみることにしました。

 

サイトの大きさ


 

今回、まだ2回目のキャンプという事で、色々と不安もあるので、管理等になるべく近い所を選びました。

お借りしたのは、「B-5」サイト。

B-5サイトの大きさは、15m x 15m 程度でした。かなりゆったり出来ます。

トルテュProとヘキサエヴォを小川張りしても、まだ多少の余裕があります。これが2セット並列で張り込み出来る大きさと思って頂ければ、想像し易いと思います。

 

 

 

夜間は少し寒い


 

 

7月とはいえ、夜間はそれなりに冷え込みます。モンベルのファミリーシュラフ #1と#5​の組み合わせでしたが、夜間から明け方は結構冷えました。

7月の津南キャンプ場は、薄手の上着が必要かと思います。

雨にも見舞われました。結構な強さの雨です。若干不安になる位でしたが、テント内はまったくもって平和そのもの。これはサイトの水はけがかなり良かったので、テント内に水が侵入しなかったのだと思います。

2歳児も、雨を楽しんでいたようなので、一安心でしたが、あまり厳重に雨対策をしてこなかったので、次回からの検討課題になりました。

 

 

津南キャンプ場はここが良かった


 

管理塔の充実度合い

 

管理棟のショップは品揃えが非常に充実しています。今回、幾つかの道具を自宅に忘れてしまったのですが、全て売店に売ってありました。また、各社のキャンプ用品を数多く揃えてあります。

正直、売れないんじゃないか(ストーブ等)もありましたが、キャンプ用品店顔負けの充実度合いです。また、無印良品らしく、無印の商品は数多くあり、必要なものは、思い立ったらすぐに購入が出来るので、大変ありがたいものでした。

当時品薄だった、【ノクターン】もご覧の品揃え。わざわざキャンプ場にキャンプ道具を買いに来る人が少ない分、在庫もかなり豊富にあるそうです。

 

 

サイトの状態がよても良い

 

サイトはとても良く手入れがされています。次回の人の為にも、可能な限りキレイに使いたいと思いました。

サイト中央に焚き火用のスタンドが有るのですが、持参したものがあるので、今回は端っこに寄せておき、最後に元に戻しました。最初に記載したとおり、かなりの広さなのでテントの横がかなり空きます。

家族連れで、子供と遊ぶにはピッタリの大きさです。

また、お隣との敷居として背の高い植物が植えられているので、プライベート感も強いです。下の写真のように、サイト外から見るとかなり草木で遮断されているのがわかると思います。

2泊の利用で、1泊は完全に雨になりました。かなり強い雨で、少々不安になりましたが、サイトの芝生は水はけが凄く良く、テント内が水浸しになる事はありませんでした。

 

 

先に述べた通り、プライベート感がある程度保たれているサイトでしたので、お隣さんとのコミュニケーションを楽しみたい方には、あまり向いてないかもしれません。

全サイトを回ったわけではないので、そういった用途のサイトがあるかもしれません。ちらっと回った感じでは、ほぼ全てのサイトが草木で仕切られています。

緑が沢山あるにもかかわらず、虫はそんなに多くはない。そんな印象です。

 

 

ここはイマイチ!


 

正直あまり思い浮かびませんでした。

強いて言えば、都心からは遠いという勝手な理由と、色んなサイトを散歩がてらに観察したのですが、およそほぼすべてのサイトが斜めになっているくらいでしょうか?

中でもかなりの傾斜があるところもあり、予約サイトで注意書きとしてあるのですが、「傾斜小」とあるサイトでも、人によっては大きめの傾斜と感じるかもしれません。可能な限り、傾斜が少ないサイトを選ぶと良いと思います。

今回のB-5は傾斜小で、一応は気にならない程度でした。また来たいと思う、とてもよいキャンプ場でした。

 

 

周辺施設


 

周辺の観光で、下記の場所をめぐりました。

 

竜ヶ窪

 

かなり綺麗な場所です。ほんとに竜が休んでそうな場所で、家族でしばらく眺めていました。それなりに観光客もいますので、迷子になることは無いと思いますが、ちょっと奥に歩きます。

 

 

途中の通路は自然に配慮した、ペレットが敷かれており舗装路ではありません。歩きやすいのですが、サンダルなんかだと足をくじいちゃうかもしれません。ペレットの通路沿いに竜ヶ窪が見えてきます。

7月の状態では、ご覧の通りかなり緑色が強く、不思議な感じを受けます。パワースポットっぽく、なんとなく疲れも癒された感がありました。東京都からは、少し離れている場所ですが、来年必ずまた来たいと思った場所でした。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました