【北海道】道東観光拠点のベストキャンプ地! 虹別オートキャンプ場

スポンサーリンク
北海道

今年は遅めの夏季休暇を頂きました。いつもは8月のお盆シーズンに被せるのですが、今年は色々な都合により、9月半ばに夏季休暇!

前々から計画していた、北海道の道東、「知床半島」「屈斜路湖」「阿寒湖」「摩周湖」などを観ておきたく、拠点となるキャンプ場を探していました。

先人たちがまとめてくれているブログのお陰で、割とすぐに「虹別オートキャンプ場」がベストそうだと目星をつける事ができました。

道東だけではなく、途中の十勝ポロシリ、むかわ町なども予定に組み込み。北海道半横断キャンプです!

スポンサーリンク

道東へはフェリーでの移動は不可。苫小牧フェリー埠頭が最東です。

本州からのフェリー移動では、北海道の苫小牧が最も東に位置している為、そこからの移動になります。今回は「八戸フェリーターミナル」から、「シルバーフェリー」を利用して北海道へ上陸します。

フェリーの航行時間はおよそ「8時間」で、八戸を 22:00 に出発し、苫小牧には 翌朝の6:00 に到着する便を利用しました。

苫小牧フェリー埠頭から、目的地の 虹別オートキャンプ場 までは、高速道路を利用しておよそ 5時間程度です。こうして見ると結構遠い!

移動距離が4時間を超えるとなると、フェリー埠頭を 16:00 出発の便ではキャンプ場到着が20時を過ぎる可能性が大なので、やはり早朝着の便がベストと思います。このくらいであれば、まぁ体力に余裕がある状態で設営が可能かなと。東京〜スノーピーク HQより遠い・・・!

今回は、知床半島と、十勝、札幌付近が活動エリアなので、苫小牧から最も遠い所を最初に周り、段々と帰りの苫小牧へ近づくように戻ってくるプランにしました。

北海道道東への道は、とにかくまーーーっすぐです!

「50km先を右折」とかザラにあります。眠くならないように対策をしましょう。

また、関東〜東北の運転感覚とちょっと違うと感じました。ものすごい飛ばします。3台抜きとか普通にされますので、びっくりしないようにしましょう。

たまに動物が飛び出してきます!

虹別オートキャンプ場の概要

アクセス

〒088-2462
北海道川上郡標茶町字虹別690-32
TEL/FAX:015-488-2550

基本的には電話とFAXでの予約・連絡になります。また通年営業ではなく期間限定。5月1日~10月31日まで営業される事が多いようです。メールでの連絡は不可。

チェックインは、「13:00」〜です。苫小牧フェリー埠頭を6時に出ると、休憩、観光で2時間みても丁度よい時間帯。やっぱ朝到着のフェリーがベストです。

キャンプ場の利用料金

キャンプ場の料金表。金額順。

フリーサイト一般(高校生以上)370円
子供(小学生以上)210円
区画サイト(個別サイトと呼ばれているよう)3,240円
バンガロー3,240円
パワーサイト4,320円
パーティサイト6,480円
コテージ6,480円(9/1~6/30)
10,800円(7/1~8/31)

一番安いフリーサイトは、370円。一番高いコテージは10800円。差額すごい!

フリーサイト

我々はフリーサイトを利用しました。料金が安いし、9月の半ばくらいなら、電源がなくても標準的な冬装備で大丈夫かな?と思ったのもあり。

実際に、9月半ばの道東天気は、雨模様の最低気温でも12〜3度だったので、全く問題ありませんでした。キャンプ場は全体的にかなり管理が行き届いており、チェックイン後は落ち葉も見当たりませんでした。(チェックアウト時にはパラパラと落ち葉がある程度)

車は乗り入れ不可ですが、すぐそばに駐車場があり、ほとんど横付けのような感じ。所々に大きい木(多分コナラ?)があり、いい感じで日陰になる為、場所によってはタープもいらないほどでした。樹液が滴り落ちる事もなく、どんぐりがいっぱいある程度。

芝焼けもなく、関東で経験した最も芝生がきれいなキャンプ場、「やまぼうしオートキャンプ場」以上にキレイなサイトでした。虹別オートキャンプ場は3泊しましたが、

大人2、子供1で「2,200円」

破格です・・・

込みだすとそれなりに密集します。

区画サイト(個別サイト)

こちらはお客さんが入りだす前に、ちゃちゃっと写真を撮っておいたもの。区画サイト(個別サイト)です。

外付の電源が一つあり、広さはブロックごとに違うようですが、かなり広いというわけではないです。大型テントは2張りはキツそう。シェルターや、2ルームテントの場合、小川張りで被せれば何とかテント・タープが貼れるかな?という感じ。

パワーサイト

こちらはお客さんが居たので、写真なし。キャンピングカーが横付けされていました。公式ページにもそういった説明書きがありました。区画サイト(個別サイト)との違いがよくわかりませんでしたが、どうもパワーサイトには、上水道が完備されている模様。

区画サイトと同じく、電源があり車を横付け出来ますが、大きさもさほど変わらず、テント2張りは厳しそうかな?という広さ。

バンガロー

バンガローはほどんど埋まっていました。やはり電源が1つあり、車も横付け出来ます。サイトのなかにバンガローが建てられており、広さは他の区画サイトと変わらないようでした。

中は確認できませんでしたが、そこそこ広そうな作りではありました。

センターハウス(管理棟)

センターハウスはキャンプ場の入り口から入って、まっすぐの所にどーんと存在しています。かなり立派な建物で、中には薪ストーブがあり、フリースペースのような所もありました。

やはりキレイにお掃除されており、レンタル品も充実しているようです。

トイレ、シャワー室もよく清掃されているようでした。炊事場もそうなのですが、管理人さんがこまめに掃除されているのか、利用者さんのマナーが良いのか?

そういえば自販機もあります!洗濯機と乾燥機もあり、それぞれ100〜200円程度と、良心的な価格設定でした。

炊事場もよく掃除されているようです。そして広い!かなりの大人数で利用できそうです。残念ながらお湯は出ません。

キャンプ場の営業期間が10月くらいまでのようなので、お湯も必要ないかなと思います。

芝生広場

奥には芝生広場と、ドッグランがありました!

我々が滞在した日程では、芝生が濡れている事が多く遊んだり出来ませんでしたが、アスレチック施設もあり、かなり広いです。芝生もよく手入れされており、何かのイベントに使えそう。

発電所跡地(シュワンベツダム湖)

キャンプ場の奥にダム湖がありました!「シュワンベツダム湖」というそうで、昔は水力発電所として稼働していたようです。

釣りをされている方もいました。水面は風もなく穏やかですが、ヤブ蚊が多め。

周辺の買い物・温泉スポット

クローバーハウス

虹別オートキャンプ場に滞在中、珍しくリアルタイムで instagram を更新したのですが、 珍しくフォロワーさんにコメントを頂き、教えて頂いた温泉です!

なんと、温泉が黒いです(笑

野付郡別海町西春別95
0153-77-1170

ホテルマルエー温泉(別館)

本館と別館があります。我々も別館を目指していましたが、よくわからず本館に入っていた模様!

北海道標津郡中標津町西1条北3-3
0153-73-3815

虹別オートキャンプ場 まとめ

虹別は、道東の「へそ」と呼ばれ、各観光スポットから程よい距離の位置にあります。もっと道東にもキャンプ場はありますが、鮭の遡上が始まっており、ヒグマの出没時期と重なっているのと、他の観光スポットとの距離感もあり、こちらの虹別オートキャンプ場が程よい位置と思います。

場内はよく整備されていて、掃除人や管理者さんを見かけないにも関わらず、気になる汚れなどはありませんでした。

車のナンバーを見ると、道内のキャンパーさんが多いイメージでしたが、東北や関東ナンバーもちらほら。

instagramでも「懐かしい!」とメッセージを頂くほど、キャンパーさんの心に残るキャンプ場のようです。事実、とてもよいキャンプ場で、芝生が好きな方はぜひフリーサイトを利用してみてください!

SNSやメディアの露出が少ないキャンプ場のようです。我々も先人さんたちのブログで知りました。特に「Kaoru君とBeet君のキャンプ日記さん」は日本全国周られているので、よく参考にさせて頂いております。

3泊ほど利用し、ここを中心に、「知床半島」「弟子屈」「釧路」などかなりのスポットを観光できました。道東の観光スポットの拠点キャンプ場として、とてもオススメです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました