chachaby's cafe

[ あれ? 意外と外はいいものだ! ]

クーラーボックス

【イエティ】我が家のクーラーボックス。5年迷って、イエティの新型 ローディー24を選びました。【YETI ROADIE24】【レビュー】

投稿日:2020年8月16日 更新日:

我が家は、ハードタイプのクーラーボックスは必須ではなかった

ファミリーキャンプを初めて数年が経ちます。春夏秋冬、色々なキャンプ場に行きました。我々の長年のお供、「ロゴス ハイパー氷点下クーラーXL」というソフトクラーボックスを利用していました。

こちらの製品は、保冷剤を入れても丸2日は内容物を維持する事は不可能でしたが、1日は大丈夫。氷が溶けだしてしまったら現地で調達するなどの方法で、特に不便は感じませんでした。

キャンプの帰りには全て消費し、折り畳めるのもポイントが高かったです。我々にとって必要十分な性能があった為、特にハードタイプのクーラーボックスは必要ありませんでした。

ロゴス最大の不満点。開閉がしにくい

ロゴスのソフトクーラーボックスで、特に大きな不満はありませんでしたが、唯一と言ってよい不満点がこれ。ジッパーが固くて開閉しにくい。冬場は特に厳しく、ガチガチに固まっている事も。

ちょっとでもジッパーが斜めになっているとびくともしない。それに力を入れるので指が痛くなってしまうんです。

この不満点以外は特に問題なく、ハードタイプのクーラーボックスも同じく「ラッチ」の開閉に力がいる事に変わりないので、あまり買い替えの機会がなくずっと同じものを使っていた感じ。

イエティの新型クーラーボックスは、開け締めが劇的に改善

満を持して登場した感がある、「ローディ24」

上蓋の開閉だけで言えば、「アイスランドクーラーボックス」も同様にラッチタイプなので、開閉しやすいのですが、「ローディ24」は更に後発になる為か、より力が要らなくなっています。ラッチが大きめなのでテコの原理でスルっと開閉できます。

「ローディ20」を含めて、旧型イエティはラッチ部分がラバータイプで、かなり力を入れないと閉められないので、苦労する方も多いです。特に子供。

自分も何度も試していますが、たしかに固め。下に引っ張ってからはめ込むと多少楽なのですが、何度も開けしめすると辛くなるかもしれません。

1点目のポイントですが、この開閉動作が劇的に改善されたので、購入しました。

2リットルのペットボトルが縦に入る世界

2点目のポイント。2リットルのペットボトルが縦に入る。これは、旧型イエティの「ローディ20」では実現できなかった悲願・・!

飲み物は2リットルのペットボトルを購入する事が多いので、縦に入れば色々と楽なんです。旧型の同サイズでは横に入れるしかありませんでした。

ワインも入ります!ワインが好きでちょこちょことキャンプ場に持ち込んだりする我々は、縦にサイズアップしたのが大きな2つ目のポイント。

自宅の冷蔵庫が一杯になってしまったときの、緊急避難先とかでも利用できます。

保冷能力は30%ほどアップしている

重量は旧型のローディ20に比べて10%(1kg)ほど軽くなっています。そしてサイズも20%(4QT)ほどアップ。さらに保冷力も30%ほど高くなっています。

良いことづく目ですね。縦長のデザインになったので、椅子代わりにもしやすくなっています。そもそもグリズリー系のクーラーボックスなので、すごく丈夫で、座ろうが立とうがびくともしないです。

今までの保冷剤がそのまま利用できた

我々はロゴスのソフトクーラーボックスを利用していて、それに付属してきた「氷点下パック」を使っていました。

この「氷点下パックXL」が「ローディ24」の底面にジャストフィットするので、買い替えの必要がありませんでした。これは嬉しい。イエティ純正の保冷剤って、Mサイズ1個で5000円近くですぜ・・・これが2個必要。

ロゴスの「氷点下パックXL」なら1個ですみます。性能は間違いなし。今まで使っててなんの不満もないし。

個人的には残念な点もある

持ち手がロープタイプになりました。「ローディ20」はハードタイプで金属製。個人的には金属製のが良かった。多少場所を取ってしまうとは思うのですが、金属製のほうが安定している分、少し持ちやすいです。

こちらの変更点は、軽量化にも貢献しているようなので、一概にはマイナスポイントとは思えませんが、好き嫌い分かれるポイントかと。

イエティ新型 ローディ24まとめ

サイズアップしつつ、軽量化と保冷力アップを実現

旧型「ローディ20」は在庫品のみで廃盤となります。旧型に比べて、サイズは20%アップ。それでいて10%の軽量化と保冷力30%アップを実現しています。

どれも嬉しい改良点。特に縦方向へのサイズアップが効いているので、ワインや2リットルのペットボトルも縦に置けるようになりました。

特に劇的な変化となった上蓋の開閉。「ラッチシステム」がとても良いです。全然力が要らず、子供でも充分に開け締めできます。

保冷剤は、最強と名高いロゴスの「氷点下パック」がオススメ。ぴったりだから。

価格はほぼ据え置き。国内正規代理店はA&F

国内正規代理店はA&Fなります。今までの価格とほぼ一緒。国内正規代理店が存在しない頃から有名なクーラーボックスで、個人輸入が盛んに行われています。

イエティ公式でも取り扱いがあるし、個人輸入と価格差もそれほどなくなったので、保証などがきになる方はA&Fが良いかもしれません。

カラー展開はほぼ同じ。ネイビーが追加になり、かなりかっこいいです。我々が購入する時はタンと写真のチャコールしか在庫がありませんでした。その後すぐ売り切れになり、在庫切れが続いています。

イエティ ローディ24

安価に買うならYahooがオススメ。価格帯はどこでもほぼ一緒ですが、ポイントいっぱい付きます。保証がしっかり欲しい場合、A&Fのサイトから購入が良いと思います。

ロゴス 氷点下パックXL

かなり強力なので、保冷剤に接触しているものを凍らせます。冷凍までしたくない方は、新聞紙やシートなんかで挟むと良いです。

また、本体が完全に白くなるまで冷凍しないと本来の性能を発揮できません。また保冷剤はサイズが大きいと大きいほど性能が高いです。

-クーラーボックス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

関連記事はありませんでした

プロフィール

プロフィール

このサイトを運営している chachaby です。

家族みんなでキャンプを楽しんでます (๑′ᴗ‵๑)
いつかキャンプ場でご一緒出来たら宜しくお願い致します。

実際に行ってみたキャンプ場のお話や、使ったキャンプ道具の記録です。

▶ 2015 キャンプスタート
▶ 2016 年間 43泊
▶ 2017 年間 38泊
▶ 2018 東北へ引っ越し
 ▷ 2018 年間 13泊
▶ 2019 庭キャンプへ
 ▷ 2019 年間 2泊
▶ 2020 ブログ移動
 ▷ 2020 年間 0泊