【北海道】星に手のとどく丘キャンプ場 見渡す限りの全てが絶景!

【北海道】星に手のとどく丘キャンプ場 見渡す限りの全てが絶景!

星に手のとどく丘キャンプ場


以前から、星空のキレイなキャンプ場という事で、幾つものサイトで紹介があり、いつか行ければと思っていたのですが、長めのGW休みを利用して、東京から1200km以上離れた、北海道の中富良野にある、星に手のとどく丘キャンプ場にお邪魔しました。

陸路のみでは不可能なので、フェリーでの移動になります。

今回は、【東京都内】 – 【仙台】 – 【苫小牧】 – 【キャンプ場】と大移動になりました。

 

ロケーション最高


キャンプ場には、ひつじの丘という富良野の大自然に包まれた絶景レストランが併設されています。滞在中はこちらがメインなのかなと感じるくらいに、お客さんがひっきりなしに出入りされていました。

ミシュランガイドにも記載されたそうで、ジンギスカンを初め、野菜も非常に美味しいです。3泊(延泊して4泊)の滞在でしたが、3泊はジンギスカン食べっぱなし。

帰省時には自宅へ6人前を発送しました。

夫婦共にお腹が弱く、肉類を取るとお腹を壊すことが多いです。「ひつじの丘」のジンギスカンを連日たらふく食べましたが、一度も調子が悪くなる事がなかったです。水と肉がすごく良いのだと思います。

 

 

ここがいい!


 

キャンプ場は超広大!という訳ではありませんが、サイト間はゆったりとしており、かなり余裕があります。お借りしたサイトは特に余裕があり、お隣サイトとも結構離れています。関東地方のキャンプ場では、その間にもうひと家族かふた家族分位のテントが張れそうなくらいです。かなり余裕がありました。多分ですが、オーナー様はその辺も考慮されて居ると思います。

 

 

我々にとってメインとなる星空については、間違いない物で、本当に綺麗でした。素人ながら、色んなキャンプ場で星空をカメラに収めてきましたが、天の川をこれだけハッキリ収められたのは、ココが初めてです。特にプロ用機材を使ったわけではなく、すべて一般に販売されているもの。

惜しむらくは、直前にレンズがガシャーンと破損してしまい、ピンぼけ気味になってしまったくらい。逆に言えば、破損してズーム故障、ピント故障したレンズでも、この位は収められるくらい素晴らしい星空だったという事です!

 

 

朝には、ひつじの丘という名の通り、羊が放牧され、サイトの周りの牧草をムシャムシャします。テントの横まで集団で移動するので、かなり近くまで接近できます。

 

子供めちゃ大喜び!
ずーっと餌をやってました。

 

ウサギ小屋もあり、そっちにも何度も行って、餌やりを楽しんでました。また、食べたら出るのは当たり前なのですが、スタッフさんが数人で頻繁に掃除をされていますので、フンを見かけることはほぼありませんでした。

また、時期によるかもしれませんが、我々が訪れたGW中の明け方と夕方には、「オオジンギ」が餌を探してキャンプ場を徘徊います。モノスゴイ鳴き声と、急降下時の羽音が独特で本当にびっくりしました。滞在中は毎日見られます。

「ビュエービュエービュエー・・・・ ウボボボボボボ」イヤほんとにこんな鳴き声なんです。

 

キャンプサイトが素晴らしいのもあったのですが、それ以上に全フタッフさんの人柄がとても良かったです。同じようなキャンプ場は、もしかして出会えないかもしれない・・・・

そう思えるくらいの対応を頂きました。リピーターさんが多いのも、そういった理由が多いと思います。

個人的には、HPに記載がある【管理人プロフィール】から、読み物にあるオーナーさんのリアルな声がとても良かったです。

▶ 管理人様プロフィール

 

予約の電話は全然繋がらない!?


キャンプ場としての不満、不便は特に思いつきませんでした。

延泊させて頂いた日は、GW真っ最中になるのでかなり賑やかになり、静かな夜という感じにはならない可能性があるよ?

とオーナー様に言われたのですが、我々が感じた限りそんな事はなく、静寂そのもの。関東地方とはやはり違います。(グループキャンプされている所もありましたが、騒ぎ声はありませんでした)

唯一苦労したのは、4/15の 10:00 からの予約受付開始!

これは本当に苦労しました・・・・

スタートと同時に夫婦2台の携帯でリダイヤルしまくりました。

まさに予約合戦です。全く繋がる気配がありません

iPhoneは200件しか発信履歴が残せいないのですが、2台共に200件に達しました。2台合わせて実に400回近くリダイヤルし、ようやく奇跡的に繋がりました。オーナー様は食事も取らずに対応されていたそう。毎年の事のようです。

ちなみに、その時点でキャンプサイトは結構空きがありましたが、バンガローは全て埋まってたようです。

 

翌日からネット予約も開始らしいのですが、どうやって管理しているんだろう。電話枠とネット枠で分けられているのかな?

全国規模で人気のキャンプ場であるがゆえの、仕方のない事と思います。が、オーナー様のFacebookの書き込みを見ると、それなりの物言い(ホントに電話つながるのか? 着信拒否してるだけでは?等)もあるような感じなので、なんとかよい解決策があればよいのですが・・・・

 

周辺施設


周辺施設は、下記の場所を観光しました。

 

ひつじの丘

 

キャンプ場に併設されているジンギスカンのレストラン。ミシュランガイドにも載ってるそうです。味は確かなもので、連日ジンギスカンばかり頂きました。

やはりスタッフさんの対応が素晴らしいです。ジンギスカンとお喋りを存分に楽しめます。道内からのお客さんが多いようですが、我々のように道外からも多数入ってるようです。キャンプサイトで設営を助けて頂いたおじさんは、愛知県から来られていました。

 

旭山動物園

 

十勝岳温泉 湯元 凌雲閣

 

ポンプの故障で営業していませんでした・・・・!事前に電話しておけばよかった。

 

白銀荘

 

十勝岳温泉の代わりに、こちらを利用しました。キャンプ場も併設されています。ここは次回利用しようとおもいます!

1泊500円。そして標高も高いのでかなりの絶景。星空もよさそうです。アルピニストのアタック開始場所でもあるっぽく、山岳テントが張り込まれていました。ファミリーキャンプ向けではなさそうですが、可能であれば是非利用したいです。

その他、観光地なので回る場所はホントに沢山あります。マイルドセブンの丘、セブンスターの木など沢山廻りました。

ギャラリー

北海道カテゴリの最新記事