ペトロマックス HK500 と トップリフレクターのケースをご紹介

ペトロマックス HK500 と トップリフレクターのケースをご紹介

 

ランタンの収納ケース


 

ランタンケースって、ランタン本体の購入時についているものが多いと思うのですが、ペトロマックスは付いていません。ケースは使わずに持ち歩いて、キズや、経年劣化を楽しもうと思ったのですが、どうやらHK500は結構慎重に持ち運ばないと、ガラスホヤの破損や、ガスチャンバー、セラミックノズルが落下してしまう事もあるらしいです。(輸送中の振動と利用中の熱膨張など)

傷はいいけども、破損はちょっと・・・

ステンレスノズルはガタがある事が多いらしく、ここはセラミック一択。ガスチャンバーは消耗品の部類とはいえ、コイツが落下するとホヤ+セラミックノズルの破損が確定。車内が散らかる事が容易に想像でき、キャンプ場についた後にランタンが使えないのはたまらんので、HK500のケースを用意する事にしました。

欲しいのはハードケース!

純正品でも良かったのですが、いつまでたっても品切れ。そして微妙に高い。ソフトケースには、トップリフレクターのケースも付いてくるようです。しかしこれも品切れ。

 

ペトロマックス HK500に利用しているケース

 

 

サードパーティ品を探しましたが、コールマンのランタンケースを利用している方が多いようですね。

結局、武井バーナーのケースを作成して頂いた個人さんにお願いして、HK500用のハードケースを作成して頂きました。

 

▶ ヤフオクで[木製ケース、HK500]で検索すると出てきます。

 

送料は高めですが、本体は安価(¥3,300でした)で物はしっかりしています。

何よりもハンドメイドのぬくもりがあります。

引き出し収納はオプションですが、小さいものなら収納しておけるので、付けることをオススメします。色具合は自分で決めたかったので、無着色にしました。

※ 接着剤がはみ出してる箇所があり、そこには塗料が乗りませんので、気になる方はニス指定がよろしいかと。

 

 

 

 

 

ペトロマックス HK500用 トップリフレクターに利用しているケース

 

 

純正のソフトケース意外には選択肢がなさそうですが、一部のユーザさんはシンバルケースを流用しているようですね!

確かに、トップリフレクターはシンバルに似ています。ホントに良く思いついたり、探してくるものですよね・・・先人たちの知恵に感謝です。

実際にシンバルケースを探してみましたが、めっちゃ高いですね!!!!下手したらHK500本体が買えそうなものも・・・

これはアカンと思いましたが、ショップオリジナルのケースを出している所があり、けっこう安価でしたのでそちらを用意し、利用しています。

 

▶ イケベオリジナル 15インチ シンバルケース [CB15]

 

 

 

3000円切っていましたが、店舗の通販だと送料がちょっと高めなので、職場の帰りに寄り道して買ってきました。

収まり具合は非常に良いもので、ピッタリです。インナークッションがあるので、ちょっとした衝撃を与えてもグチャっと潰れる事もなさそうです。トップリフレクターのケース難民の方は、シンバルケースを検討してみてはいかがでしょう!

※ ちなみに、このハードケースとシンバルケースで、メーカー純正品の
ソフトケースが買えるくらいになります。

Lanternカテゴリの最新記事