chachaby's cafe

[ あれ? 意外と外はいいものだ! ]

キャンプギア キャンプギア(option) タープ

【レビュー】雪峰祭限定品。スノーピーク ランドステーションのインナールームを試す!【雪峰祭 2021 春】

投稿日:2021年6月5日 更新日:

スノーピーク 雪峰祭2021春

雪峰祭はしばらく興味があるものは出てこなかったのですが、今年は違いました。かなり前に廃盤になっていた、「ランドステーション インナールーム」の LとSサイズが雪峰祭2021の限定品として復活!

以前から在庫などを探していたのですが、あるはずもなく。中古品を探すも暴騰してたり状態が悪かったりで、結局あきらめていたのですが、確実に入手する為、今回久しぶりに先行予約しました。

利用者する方が少なそうなのと、人気なさそうです。移住してからの住居の近くにあるアウトドアショップ、「グリーンハウス 八戸店」でも、ランドステーションのインナールームは元々の入荷予定なしでした。

収納サイズは意外と大きい

収納サイズは思ったよりでかい。エリクサー3の1.5倍程度。

元々MSRのエリクサー3をランドステーションのインナーテントとして利用していたのですが、収納サイズだけでみると、インナールームLは、1.5倍ほど大きいですが、きれいにたたむとまとめてランドステーションのケースに入ります。

ランドステーションの付属品が必要

最初しばらく悩みましたが、ランドステーションのインナールームについてある付属品のみでは取り付けができません。マニュアルをみてしばらく悩みましたが、きちんと書いてありました。

ランドステーション側の付属品も必要で、今回始めて利用する事に・・・!

思わず捨ててしまったかと思いましたが、きちんとケースに入っていました。こちらを利用して取り付けが始まります。

設営は面倒。ランステ特有の跳ね上げをしても問題なし

設営はかなり面倒で、インナールーム付属品とランドステーション側付属品のセッティングテープを最初にポールに差し込まなければならないです。

これがまぁまぁのストレスで、最初の状態から変更したいとき、一旦ポールを抜かなければならない為、その都度やり直し。

これはかなり面倒!

そして、インナールーム下側のループは、同じくランドステーションを設営するときのペグに差し込むのですが、ランステはキャンプ中に色々と状態を変更する事が多いので、こちらも結構なストレスになるかと思います。

インナールーム専用でペグダウンしたほうがストレスが少ないです。これは最初に敷くグランドシートから始まる面倒事の一つ。

そして、ランステ側とのクリアランスがほとんど無いため、ジッパーを開け締めするのがかなりキツイです。一旦設営して状態を変更しないのであれば特に問題ないと思いますが、ランステの跳ね上げをする毎にセッティングテープの掛け直しや、長さ調整をし直ししなければならないです。

ついでに、セッティングテープは、緩めにしておいたほうがよさげ。テントのようにピンと張り込んだら、室内が歪んでしまいました。このあたりは慣れの問題かも。

マットが4枚横並びで並べられる広さ

広さはさすがに広く、ランドロック並。グランドオフトンが2枚横並びで余裕で入ります。真ん中にはポールがあり、それを挟み込むような設置方法になる為、自然に方向は決まってしまいます。

真ん中の仕切り部分にはポケットが4つあり、小物入れに最適です。大きなものは入りませんが、シュラフやマットのケースなどは余裕で入ります。モバイルバッテリーなどを入れておくと行方不明になったりせずに良いかもしれません。

インナールームはメッシュ部分多数

インナーだけあって生地が薄めなので春夏秋向けかと思いますが、キチンと防寒対策すると冬でも使えると思います。むしろフルクローズでランステを変形させる事の少ない冬の方が利用しやすいかもしれません。

全面はすべてメッシュに。天井もメッシュ部分があります。

ランドステーション インナールームまとめ

2021の雪峰祭で再販されたランドステーションのインナールームですが、設営が面倒なのを除けば、住居性に優れ使い勝手の良いものでした。

サイズはSとLの展開があり、我々はファミリーキャンプでの利用を想定している為、Lサイズを用意。セット内容はインナールーム本体と、ペグ、グランドシートになります。

インナールームのセットのみではランドステーションに取り付ける事ができず、ランドステーション側の付属品も必要です。

ランステ購入後、一度も使用したことがないもので、廃盤品の為のものなのでもう利用する事はないと思っていましたが、捨てずに取っておいてよかったです。

多少面倒な設営方法ではありますが、ランドステーションMとLに対応しており、デッドスペースになりがちなポールの外側を利用できる為、有効スペースが広がります。(二股ポールを利用するという手もありますが、部品数が増え、強度も落ちるので、自己責任で)

メリット

かなりの広さで、リビングシェルロングやトルテュよりも広いです。ランドロックに近いかと。ランステの変形に合わせてセッティングテープを伸ばす事で、跳ね上げ後にもそのままインナールームを利用する事ができます。

通気性に優れたメッシュも多様されている為、夏の熱い夜も快適に過ごせると思います。位置が決まってからの設営は簡単で、基本的にはセッティングテープをはめ込むだけです。

インナールームの真ん中に仕切りがあるのですが、思ったより邪魔をしません。またその仕切にポケットがついている為、そちらも以外と便利。

寝室で使いたい、「すぐ手に取れるもの」などを入れておくとものを探すストレスが少ないです。

デメリット

設営がかなり面倒です。少しでも設営の手間を省くために、無理にランドステーション側のペグに合わせる事はせず、インナールーム専用でペグダウンしたほうが良いです。

また、変形後にも対応はできますがポールの抜き差しが発生する変形の場合は、グロメット付きのベルトを外す事になるので、これまた面倒が発生します。

それとグランドシートは付属しますが、インナーマットは存在しません。別途別メーカーなどで調達する必要があるのですが、真ん中に仕切りがある為、大きなもの一枚ではなく、小さめのものを数枚用意する事になると思います。

そうなると荷物も増えて積載スペースももったいないので、コットを用意する。というスタイルにしたほうが使い勝手が良いかもしれません。

-キャンプギア, キャンプギア(option), タープ
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

キャンプ場に電源を持ち出します。大容量のポータブル電源が便利!

大容量のバッテリーは一個持ってて損はない。 リコールについてはこちら chachaby's cafe【注意】Suaoki ポータブル電源にリコールが出ているようなので、対策品に交換しま… …

【レビュー】Suaoki ポータブル電源を冬キャンプで利用しました。注意点も。

冬キャンプのポータブル電源としてSuaokiを使ってみました。 何度かキャンプに持ち出しているのですが、本格的なマイナス気温での利用を行った所、幾つか注意点がありましたので、記載しておきます。 リコー …

【メンテナンス】何をしても取れないヘリノックスの汚れ。オキシクリーンなら落ちる可能性大!

なぜか絶対に取れない汚れがある。ヘリノックスのチェアワン編 ファミリーキャンプを初めて2年になります。道具類に汚れが蓄積されてきました。大抵の汚れは選択なり、洗剤を使うと綺麗に取れましたが、Helin …

【レビュー】村の鍛冶屋(エリッゼ)のペグケース、「ペグ収納マルチコンテナボックス」を買い足しました。

村の鍛冶屋(エリッゼ)のペグケース、「ペグ収納マルチコンテナボックス」を買い足しました。   以前から利用していた、村の鍛冶屋(エリッゼ)のペグケース、「ペグ収納マルチコンテナボックス」 を …

【レビュー】地面にぶっ刺すランタンハンガー パイルドライバー!

  スノーピークのパイルドライバー   ランタンハンガーはいくつかの物が候補にあったのですが、地面に突き立てるパイルドライバーが気に入り、購入しました。我が家の出動率100%です。 …

プロフィール

プロフィール

このサイトを運営している chachaby です。

家族みんなでキャンプを楽しんでます (๑′ᴗ‵๑)
いつかキャンプ場でご一緒出来たら宜しくお願い致します。

実際に行ってみたキャンプ場のお話や、使ったキャンプ道具の記録です。

▶ 2015 キャンプスタート
▶ 2016 年間 43泊
▶ 2017 年間 38泊
▶ 2018 東北へ引っ越し
 ▷ 2018 年間 13泊
▶ 2019 庭キャンプへ
 ▷ 2019 年間 2泊
▶ 2020 ブログ移動
 ▷ 2020 年間 2泊