【レビュー】ランドステーション アイボリー! 色んな高さで試したい!

スポンサーリンク
Tarp
スポンサーリンク

ランドステーション L アイボリーを使ってみました。


2016年の末に発売になりましたが、2017年の新作プロダクト扱いになっています。元々ランドステーションは使いたいねというお話が出ていたので、ちょうど新作が発表されたので良かったです。

本当は、スカートが付いているランドステーション L Plusが良いのですが、現行で販売されているランドステーションで、スカートが存在するのはMサイズのPro幕のみです。Lサイズのスカート付きは、以前に発売された限定品であり、アイボリーラインのPro幕、スカート付きに至っては、発売されるのかすら分かりません。※ 多分されないです。

発表当初、アイボリーの色具合がとても良かったので、これは予約が殺到すると思い、発売日に急いでSnowpeakオンラインで購入しました。が、すごく売れ残ってる感があります。

(先走りすぎプギャwww

 

ランドステーションL アイボリー

売れ残っていたので、使っている人少なそうだなーって思ったのですが、全く見ない!という訳ではありません。遊びに行ったキャンプ場につき、大体1〜2家族はランステアイボリーを利用している感じ。

アメドやリビロンほどに遭遇率は高くないですが、そこそこいました。逆に、ドックドーム、ヘキサエヴォのアイボリーはまだ見た事がありません。

いずれにしてもアイボリーラインは新型であり、夏の使用感もわからないので皆さんレビューまちな感じで、買い控えしてるように思えます。

 

実際の使用感はどうなの?


試し張りしてみました

やまぼうしオートキャンプ場さんにお邪魔した時に、実際に試し張りをしてみました。ランステは初めてでしたので、張り方がよくわからず、全体的に曲がってしまいましたが慣れれば2ルームテントの半分以下の時間で設営できそうです!これは楽ですね。

ヘキサエヴォと同じ感じで適当にやってみる事15分くらい。ちゃちゃっと設営出来ました

出来ましたと言っても、ちょっと歪んじゃってますが・・・

ちなみに、歪な理由はサブポールの長さが足りない為です。フルクローズの場合、サブポールは140cmが必要なのですが、手持ちのポールではその長さに出来る本数が有りませんでした。

 

夏にランドステーションを使ってみました

 

冬にランドステーションを使ってみました

【レビュー】ランドステーションって冬は快適に過ごせるの?
ランドステーションって冬は快適に過ごせるの? ランドステーションって便利ですよね。ものすごいデカイですが、一応タープの部類なので設営も簡単ですし、なによりも撤収の時の幕の折りたたみがものすごい楽です。様々なスタイルが楽しめるので、今後もとて...

 

何れにしてもPro幕に比べて、生地も薄く遮光性も悪いです。アイボリーカラーの幕体はシールド加工も出来ないそうなので、Pro幕はおろかスノーピークのスタンダードな幕体よりも遮光性が劣ります。(インナールーフが付属してますが、それを付けてもPro幕ほど遮光性が上がりません)

広さについては本当に贅沢です。うちのキャンプ道具が全て入ってしまいそう。特に跳ね上げを多用する夏キャンプにおいては、かなり広さに余裕があります。

マイナス面としては、広さに余裕がある分、区画サイトの利用は難しくなりそうです。横が9メートルにもなり、ガイロープを含めると恐らく10cmを超えてきますので、必然的にフリーサイトになると思います。区画サイトでランステの利用をする場合は、サイトの広さを確認しておく必要があります。

 

ポールは沢山必要です。

スノーピークのポールは280cmのものと、240cmの2タイプがあります。

280cmのタイプは、70cmのポールを4本連結して利用し、240cmのタイプは60cmを4本連結して利用します。組み合わせも自由なので、120cm〜280cmの範囲で、ほぼ10cm刻みの設営が可能になっています。

Wild-1 公式から引用

 

ウイングポールレッド 280cm

 

ウイングポールレッド 240cm

先にも書いた通り、我々の手持ちにあるポール(240cm x2セット + 280cm x2セット )だとランドステーションの設営には足りませんでした。それぞれのポールを組み合わせて最適な長さを作り出すのですが、どうしても70cmポールが足りなくなります。ポールをバラ売りしてくれれば良いのですが、現在は修復用ポールの注文という形でも、レッドポールはバラ売りしていないそうです!

全てレッドポールで揃えたい方は、280cmが4本必要です。※いずれも標準的な形態の場合。バリエーションによっては更に増えます。 

以下、内訳(フルクローズです。跳ね上げの場合は増えます。

標準的高さの設営に必要なポール(こっちは 280cm x4 が必要)

210 cm  x 2  =  [ 70cm x 3本 を 2 セット ] ▶ メインポール
140 cm x 2   =  [  70cm x 2本 を 2 セット ] ▶ サブポール

 

冬用の低身長の設営 (こっちは 280cm x2 + 240cm x2で足りる)

200cm x 2  = [ 70cm  x2本 + 60cm x1本 を 2 セット ] ▶ メインポール
130cm x2   = [ 70cm  x1本 + 60cm x1本 を 2 セット ]  ▶ サブポール

 

ポールは本当にいっぱい必要ですね・・・・二股ポール利用だと更に増えます。バーンと跳ね上げをする場合は、更に更に増えます。

取り敢えず何通りか試したいため、280cm x 4 セット、240cm x 2セットを用意しました。これで200cmと210cmの両方が試せるのと、跳ね上げ用のポールも殆ど一気に揃います。

シルバーのウィングポールであれば、上段と下段部分もバラ売りしているので、レッドポールのように全量を買い足す必要はないと思います。

 

ウイングポール 280 バラ売り

▶ 公式URL: ウイングポール 280 バラ売り

 

ウイングポール 240 バラ売り

▶ 公式URL: ウィングポール 240 バラ売り

 

今現在は、アジャスタータイプのものもリリースされていますので、そちらを検討しても良いかと思います。

 

ポールビット20

これのレッドポールが出てくれればものすごい便利なんですが、多分リリースされないと思います・・・わざわざレッドポールはバラ売りしてないくらいなので。ホント、荷物がかさばりますわ・・・

 

夜間はとてもキレイ


夜間の内側からのライティング具合も気になりましたので、試してみました。

綺麗ですね!

まるでノルディスクのような温かみのある感じでした。

1月の冬キャンプでしたので、インナーシールドは取り付けていません。その分遮光性が下がり昼間は暖房無しでも比較的暖かかったです。スカートが無いので、真冬は厳しそうですが、これから活躍してくれると思います。

寒色系のランタンを利用すると、また違った雰囲気を楽しめます。

それと、ウチは現時点では二又ポールは利用しない予定です。

片側だけの二又にすると、テンションのかかり具合が変わってしまうので、事故の発生がチラホラされているようです。両方共に二又にすると良いようですが、やはり風には弱い模様ですし、純正品ではない為、スノーピーク側でも積極的にオススメは出来なそうですね。

我々は潔く2本ポールで張り込んで、リビングテントについては、MSRエリクサー3、もしくはアメニティドームSを利用したいと思います。今のところ!

※ MSRエリクサー3を用意しました。後ほど試した結果を記載していきます。

【レビュー】設営5分! MSRのエリクサー3を試す!(ランステのインナー)

【レビュー】設営5分! MSRのエリクサー3 を試します! カンガルースタイルに便利
MSR エリクサー3を試します!ランドステーションの活用を考えた時に、どうしても問題になってくるインナーテント。アメニティドーム/ランドブリーズや、ピルツ、廃盤のランドステーションのインナーテント。サイズや、使用感など検討を重ねた結果、MS

でも、二股便利そうなんですよね〜・・・インナーテントが奥に引っ込むので、更に空間が広がります。現在はそこまで必要ないので、とりあえずは我慢ですかね!

 

こんな事もあります


設営はとても簡単なのですが、ペグダウンが多いです。トルテュほどではないですが、今日はどんな感じでやろうかなー って思ってる間に突風に見舞われることもありました・・・・!

結構な煽られ具合になるので、レイアウトは立ち上げる前に決めておいたほうが後々苦労しなくて済みます!

風の神のお怒りが静まるまで、暫く掛かることもあるので、ご参考までに。それと、カラビナは複数あったほうが色々と便利です。これは後でエントリーに起こしたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました