【レビュー】スノーピーク 「ヘキサエヴォpro」 でかいタープに包まれる!

Tarp

スノーピークのヘキサエヴォを用意しました。

夏はシェルター内に居ることがあまり無いだろうと思いタープを購入しました。Lサイズの物でゆったりとしたかったので、形もかっこいい、このヘキサエヴォにしました。

大型テントやシェルターがすっぽりと入ってしまうくらいに、かなり広々と使えます。また、いくつかバリエーションも楽しめるので、天候/気候や人数によって、ある程度形を変える事が出来ます。

写真は、リビングシェルロングProとヘキサエヴォとの小川張りでの組み合わせ。

リビングシェルロングのサイドにある入り口を潰してしまう場合が多いので、サブポールで跳ね上げて入り口を確保する方法です。このように初心者でも、適当にやってもそれっぽく見えるので色々と楽しめます!

ひと目でヘキサエヴォと分かるくらいに、特徴的なシルエットをしています。横から見るとバットマンみたい。とてもかっこいいですね!

HDタープ“シールド”ヘキサエヴォ Pro.

ヘキサエヴォは大きいです

ヘキサエヴォに限らずですが、タープはテントと連結することでリビング空間がかなり広がるため、物の配置など余裕をもった使い方ができます。もちろん単体でも利用できますが、大きい部類のタープになりますので、サイトの大きさに余裕のあるキャンプ場での利用が前提になります。

ヘキサエヴォ単体の大きは、横幅が640cm 縦幅が560cmになります。これにガイロープを張り込んだ場合は、920cm x 1,160cm にもなり、かなり大きいことがわかると思います。

5〜6人程度のデイキャンプであれば、このタープだけで十分なほど。

区画サイトでは大型テントとヘキサエヴォの設営は、スペース的に難しくなるかも知れません。大型、小型の区別なく、テントとヘキサエヴォを張り込むには最低限 10m x 10m のサイトが必要と思います。これでもかなりギリギリで、車のスペースが無いし、ガイロープもかなり内側に寄せる感じ。

テントとタープをそれぞれ独立して利用し、駐車スペースも確保となると恐らく10m x 10m程度の区画サイトではスペースが足りません。写真のように小川張りっぽくテントと半分程度被せると何とかイケるかなという感じ。

設営は思ったよりも簡単

大型タープなので設営も難しいかと思ったのですが、そんな事は有りませんでした。とても簡単です。設営時間は1人で20分程度です。立ち上げの際に少し不安定になり、風に煽られ気味なので、2人で設営したほうが楽ちんです。

タープの設営時間ですが、やる事(工程)はどのタープでも同じなので、大きさには依存しないそうです。大型になると設営と撤収中は風に煽られやすくなるので、その点だけ注意が必要とスノーピークの店員さんに教わりました。

設営方法で検索してこられる方が多いので、そのうち別ページでスタンダードな張り方を紹介したいと思います。

色々とバリエーションが楽しめます

色々とバリエーションが楽しめるタープの部類と思います。サイドを地面近くまで持っていくとプライベート感も高まる感じに。逆に反対側を跳ね上げると、開放感があり出入りもかなり楽ちんに。

2ルームテントと共に、強い雨や強い風、雪などを経験しましたが、キチンと設営しガイロープにテンションがかかっていれ幕体が大きくバタつく事はありませんでした。

雨の日は、車をバックで開放口に入れ込んで作業すると、手間のかかるギアの撤収をタープの下でやってしまい、比較的短時間に撤収できるタープを最後にする事で、雨撤収時のビショビショ率も下がります。

真夏日なんかもタープは最後に撤収します。遮光性の高いタープなので、時間の掛かる小物やテントを畳む作業はタープの下でやると、暑さも多少しのげます。

出入り口の多いテントに連結したりも出来ます。正面入口はもちろん、横にタープを付け、ひさしのように利用する事も出来、アレンジ色々。

難点もちょっとあり

張り方が良くないと水たまりになります。

これはどのタープも一緒ですが、朝方は朝露が大量に付着しています。下からはたくとちょっとした雨になります。大型タープなので、その量が多い感じ。結露の大量にします。

また、張り方が良くないと水たまりが出来てしまい、タープを痛めてしまいます。サイトも水浸しになりがちに。

【Snowpeak】ヘキサエヴォPro. 設営の仕方が悪いと水たまりが出来ます。【タープ設営】

ちょっと価格が高め

ヘキサエヴォはちょっと価格が高めです。ヒルバーグなどのタープと変わらない位の価格設定。サンセットクライマックスなどに比べると遥かに安価ではありますが・・

ウチはなにも道具を持っていなかったので、ペグハンマー、ペグ、タープ本体、ポールを揃えたら結構な値段になりました。半分くらいの予算で店舗に行ったのですが・・・

今思うと、スポーツオーソリティの20%OFFや、ヒマラヤ20%セールなどを利用するべきだったと思います。

最近はアイボリーラインもリリースされており、更に高価なタープも登場してます。

メインペグの長さに注意

下記のものを用意すると、ヘキサエヴォをスタンダードな形で張り込む事が出来ます。

ウイングポールレッド 280cm  x2

ソリッドステーク40  x4 (メインで利用

ソリッドステーク30  x2 (サブで利用

ヘキサエヴォを利用するに当たり、色々とスノーピーク店員さんにレクチャーを受けていたのですが、メインのペグは30cm以上を推奨との事です。ソリステ50でもいい位だそうで。

メインペグは最低限、ソリステ40と言われました。

サブ部分に関しては、どこでもソリステ30で問題ないそうです。

サブポールがあると、写真のようにサイドを跳ね上げたり出来るので、メインポールの他に、260cmのサブポールを1セット程度用意していても良いかもしれません。

ヘキサエヴォPro. まとめ

タープの大きさと設営スペース

ヘキサエヴォは大きい部類のタープです。設営に必要な広さは、標準的な設営方法で920cm x 1,160cm】設営方法によっては更に広さが必要になりますので、大きめの区画サイトかフリーサイトでの設営がオススメです。かなりの人数での利用が可能ですので、グループキャンプや、家族まるごとの利用も可能です。

設営は簡単

設営方法については、他のタープと同様です。大きいからと言って設営方法が違うわけではありません。タープの設営はとても単純ですので、設営のコツを抑えておけば、誰でも綺麗に貼ることが可能と思われます。

バリエーションが楽しい

特徴的な形をしているヘキサエヴォは、各先端にグロメットが装備されているので、ポールを追加する事で色々なカタチに形状を変えられます。利用人数や利用用途によってある程度自在に変形する事が可能なので、色々とバリエーションが楽しめます!

注意点もあります

いくつかの注意点もあります。まずメインペグは 【ソリッドステーク 40】以上が推奨です。その他のサブに関しては40以下でも問題ありません。もちろん【エリッゼステーク38】など別メーカーの物でも問題ありません。メインとなるペグは長いものを用意しましょう。

また、張り方のバリエーションが幾つかあり色々と楽しめるのですが、水の流れを考えないと中だるみした場所に水たまりが出来てしまい、破損に繋がる可能性があります。雨天時の利用ではキチンと水の流れを確保し、たまに様子を見てあげると良いと思います。

コメント

  1. アバター リビロンパパ より:

    はじめまして。
    リビロンとヘキサエヴォの組み合わせ大変参考にさせてもらっています。
    コネクトタープっぽい使い方に興味がありますがこの小川張りのようにしている張り方は何センチのポールでやっているのでしょうか?
    また、小川張りのセッティングテープはロープのように見えるのですが通常のガイロープを使っているのですか?
    長さ的に何センチくらいあればいいのでしょうか?
    質問だらけですみません・・・
    お時間のある時に回答いただけるとありがたいです。

    • yuto yuto より:

      リビロンパパさん、はじめまして!
      ウチのわかりにくいブログにコメント頂きありがとうございます。(๑•̀ㅂ•́)و✧

      小川張り時のポール長さですが、いつもは前室側は280cm 寝室側は260cmか270cmで設営しています。バリエーション写真にあるものは風が多少強かった日で、リッジポールの部分とロープが接触している部分がスれていたのを見かけた為、寝室側を300cmにしてテント側に穴が空かないようにしました。ポールを継ぎ足した分、風に弱くなるのであまりオススメしません。

      ロープは、通常のSnowpeakのガイロープ(Pro版)を利用している事が多いです。理由はセッティングテープだと破断強度が強すぎるので、強風時にテープが切れずにタープ側が破れます。※ Snowpeakのガイロープはタープが破れる前にロープが切断されるように破断強度が設計されているそうです。
      それと平べったいセッティングテープは風で暴れてブルブルと騒音が激しい場合があります。

      周りに人がいない時には、Snowpeakのロープ。
      万が一切れて暴れても周りに人がいなので迷惑がかかりませんし、修理費用が高いタープも守れます。

      繁忙期であまりスペースが取れない時には、より切れにくくタープが破損するまでは耐えてほしい為、7mmの汎用ロープを利用しています。

      登山用ロープは1t以上引張強度があるそうですが、崖から落下時にショックを和らげる為にかなり伸びるように出来ていますので今回の用途ではあまり適しません。

      ロープの長さについてですが、5m以上で利用しています。毎回長さを調整するのが面倒なので、キチっと測って専用ロープを作ろうと思っていますが、いつもは5m以上6m以下で利用しています。ちなみに購入予定は「ダイニーマロープ」の6mmです。伸びないし破断強度が3t以上あります。

      我々はキャンプを初めて2年目ですので、まだまだお勉強中で間違えている事もあるかもしれませんが、何かしら参考になれば幸いです。(๑•̀ㅂ•́)و✧

  2. アバター リビロンパパ より:

    早速の回答ありがとうございました。
    細かく教えていただき大変参考になりました。
    早速春練習でもしてみようと思います。

  3. アバター キャンプマン より:

    初めまして!小川張りの時のロープはスノーピークで売ってるグレーローププロですか?何ミリを何メートルで使ってますか?

    • yuto yuto より:

      ウチのわかりにくいブログにコメント頂いて有難うございました ٩( ‘ω’ )و

      写真のものはSnowpeakのグレーロープPro です。4mm のモノを 約5mで利用しています。
      一個前のコメントに詳しく記載させて頂いてます。どうぞよろしくお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました