【レビュー】グランマーコッパーケトルを用意しました! ジャグの代わりにも便利。

【レビュー】グランマーコッパーケトルを用意しました! ジャグの代わりにも便利。

 

GRANDMA'S Copper Kettleを用意しました。


 

ウォータージャグは何を利用されていますか?

ウチは、スタンレーのウォータージャグを輸入して利用していましたが、テントの変更で設営と撤収時間が短縮され、1泊のキャンプも増えてきたので、より身軽になる、グランマーコッパーケトルを用意しました。

こちらは、【】:  5.2㍑ サイズです。

FIRESIDE社から19世紀の発売以来、その姿を大きく変えることなく今に居たり、現在は、よりオリジナルに近づく改版がされ、生産拠点が日本に移っているそうです。

何度かキャンプ場で見かけ、便利そうなのと風合いがよく大切に使えば、孫の代まで使えそうなので、コンパクトな装備で出かける時にはこちらを利用するようにしています。

 

グランマコッパーケトル(大)

 

グランマコッパーケトル(小)

 

 

とっても大容量


 

サイズ選択にかなり悩みましたが、5.2㍑の【大】サイズを用意しました。
3.3㍑の【小】でも結構な容量の為、コンパクト化を目指すならそちらを・・と考えたのですが、一日の水の利用量を考えると、3.3㍑では若干足りません。

逆に5.2㍑では多すぎる場合も有るのですが、冬場なんかは何度も炊事場に出向くのが厳しい気温の場合もある為、思い切って大きい方にしました。

何度かフィールドに持ち出していますが、【大】サイズで良かったです!

ついでに、大と小の価格差はほぼありません。

 

使い込むと風合いが変化する


 

ひと目で、グランマコッパーケトルとわかるその装いですが、使い込むほどに赤みがかった色に変色します。

我々はまだ利用回数が少ないのと、焚き火に直であててしまっているので、着色というよりは、ススが付きまくっているのですが、金属用の研磨剤で磨きをかけると、地肌が出てくる為、新品のように蘇ります。

経年劣化と使用感を楽しむ為、しばらくはこのまま利用してみようと思います。

 

 

 

ギャラリー


 

 

kitchen toolsカテゴリの最新記事