【レビュー】MONORAL 焚き火台を実際に使ってみます。耐火クロスに難あり

スポンサーリンク
ストーブ
スポンサーリンク

MONORAL(モノラル) 焚き火台。いざ。

Snowpeakの焚き火台から、MONORALの焚き火台へ買い替えました。何度か使う機会が有りましたので、実際の使用感を記載しておきます。

そもそも焚き火台買い替えの一番の原因は、スノーピークの焚き火台(L)セットのものすごい重量

とてもじゃないですが、撤収日に灰が入ったまま、灰捨て場にあの焚き火台を持って行くのはかなり苦行です。

別途灰だけを取り分けて持っていけばいいのですが、その分灰が飛び散ってしまったりで、自分もフィールドも結構汚れてしまいます。不便を楽しむのがキャンプとはよく言いますが、不便と苦行は別物です。いや、単に非リッキーだという話しなんですけどね。

実際に使っていくと、いくつか懸念点が出てきた

【焚き火台が軽い】

【そもそも炭床が分離でき、そこだけ持ち運べる】

【かっちょいい】

この3点を重要視して買い替えの候補にあがったのが、MONORALの焚き火台です。何度かフィールドに持ち込んでいるのですが、思った以上にマイナスの点が出てきたので、一応ご紹介しておきます。

焚き火クロスの耐久性に難あり

これ。

MONORAL公式 ▶ 連れて歩く焚き火台

www.monoral.jp
 
アウトドアブランド MONORAL/モノラル
http://www.monoral.jp/product/index_mt001.html
マイクロキャンピングなアウトドアブランド、MONORAL/モノラル

公式URLからの引用:

※特殊耐熱クロスは消耗品です。加熱による劣化にともない交換する必要があります。
想定使用時間:約50時間。(注)耐久時間は目安です。使用する薪の種類や火力など実際の使用状況によって、
より短時間で交換が必要になる場合があります。使用時間を保証するものではありません。
交換には「MT-0012 焚き火クロス交換用」をお求めください。

想定使用時間:約50時間!

多分ですね。ぶっ通しで使うと50時間前後は持つと思うんですが、北海道に持ち込んだ1回目の撤収で穴が空きました。

使ってる時は大丈夫でした。撤収時に穴が空いたのです。かなりコンパクトになるタイプで、焚き火クロスも折りたたむんですが、多分この行為がとてもイケないです。

折りたたんだ途端に、熱で固くなったクロスがミシミシと音をたてて崩れ去りました。ちょーっと穴が空いた感じだったので、次回1回くらいは使えるかなーって思い、2回目の利用時にクロスを広げてみたら、穴が更にデカくなりました。

これはダメだwww

ちなみに利用時間は4泊ぶっ通しで15時間以下と思います。

ちょっと弱すぎるんじゃないかなー・・・たたむのではなく、丸めるといいかもしれない!けども崩れ去るのは本当に時間の問題です。

クロスを触るとなんか痒い

以前のエントリーでも書きましたが、痒い。クロスが痒い。

いや、クロスを触ると痒い。クロスはボロボロ崩れます。

痒い。ボロボロした繊維クズを掃除する。痒い。

繰り返しです。痒みは腕ごと洗い流さないと、ずっと取れません。子供にも悪そう。ボロクロスは当然捨てました。あと、ワイヤーセットは別売りなので、クロスは捨てるにしても、ワイヤーセットは引剥しておくことをオススメします。

驚異的なコスパの悪さ

交換用の布クロスは、ちょっと高め。そして、我々の利用状況では1回の使い捨てレベル。なぜなら1回目で破れさったから。

多分次回も同じような使い方をすると一発で穴が空きそう。

MONORAL 焚き火クロス(交換部品)

これはちょっと高いのでは・・・・

布クロスの上にアルミホイルを敷いて、その上に薪や炭を置くことで痛みの進行が遅くなるようですが、毎回用意するとなるとコストがかかりすぎです。

何よりギアが痛むのを気にしながら利用したくないです。特に焚き火台なんて、一番酷使されるギア。なので、多分耐久性があると思われる、金属製メッシュを用意しました。

MONORAL 焚き火メッシュ II MT-0019

たけぇwwww 1万ですぜ・・・

しかし、ノーマルのクロス約3枚分。キャンプ3回分程度。

うぐぐ。1回で焼き切れたりしたらブチ切れそうですが、取り敢えず用意。

【焚き火メッシュ】と【焚き火メッシュII】があります。前者のが安価ですが、折りたたみに難があり焚き火台と同じ収納ケースには入りません。あまり曲がらないように出来ているようです。後者はクソ高いですが、鎖帷子のような作りなので、非常にコンパクト。焚き火台と同じケースに入ります。

結果的には、後者の【焚き火台メッシュII】を用意してよかったと思います。積載に問題を抱える我が家では、コンパクトなのはとても重要なポイントです。

トータル的に考えると、もうちょっと別の選択肢もあったかなーと思えるくらい高価な焚き火台感になっちゃいました。スノーピークなんかより全然高価です。

素直にスノーピークのMに買い換えても良かったかもしれないですが、あれはあれでまだ重いというマイナスが・・・

ペトロマックスのファイヤーボールなんかも面白そうですし、色々と選択肢が増えてきたので、今回用意した金属メッシュが焼き切れたら、そちらを検討してみます。

コストパフォーマンスはモノスゴイ悪いですが、軽さとコンパクトさは多分他の比じゃ有りません。圧倒的なアドバンテージとも言えます。かっこいいですしね!

プチ情報

ウチは前途の通り、スノーピークの焚き火台を手放してしまい、焚き火台の上に乗せていた焼き網とかが無くなりました。代替品を模索していますが、モノラルの五徳は貧弱っぽいです。

Ironcraftさんから出されている、IZANAMI halfを利用してその上でなんかしらする。というスタイルに変更しました。

で、IZANAMI HalfとMONORALの焚き火台。

組み合わせてどうなんだという所ですが、薪でなんかする という時にはそんなに問題はないのですが、炭で何かするという場面では、MONORALの高さが足りません。※ 逆にIZANAMI halfが高いとも言う。

炭の熱が、IZAMANI halfの高さまで効率よく届かないんです。かなり弱火になってしまう感じ。

なので、MONORAL焚き火台を底上げするか、炭自体をデカイものを使うかになりますが、Snowpeakの【ベースプレートスタンドL/M】と【焚火台ベースプレートM】を使うとちょうどいい具合に、火が届きます。

これ以外の選択肢も有ると思いますが、キチンと調べていません。

注意点としては、ベースプレートを利用すると、面全体で下の地面を熱で攻撃します。場合によっては、芝生が四角く焼け死にます。色々なキャンプ場で、四角く枯れている芝生を何度も見かけました。

普通に使うなら、ベースプレートは利用しないほうが、地面への攻撃性が低そうです。ベースプレートを使うなら、スタンドは一緒に使ったほうがいいです!網のメッシュなので、下に灰が落ちまくるだろうと思ったら、そうでも有りませんでした。

焚火台ベースプレートM

ベースプレートスタンドL/M

別の方法もあると思いますが、取り敢えずはしばらくこの方法で楽しみたいと思います。メッシュIIは鎖帷子のようで、ものすごいかっちょいいし、焚き火台自体とてもカッコイイですけどね!上記の通り、ハッキリとしたマイナスもあります。

ギャラリー


 

コメント

  1. アバターナツメ より:

    私もmonoralのクロスを使用しましたが1回で穴が開きました。
    参考になったので私も次はメッシュⅡの買ってみたいと思います。。

    • yutoyuto より:

      ナツメさん
      コメント有難うございます。やはり早期に穴が空いてしまいますよね・・・
      メッシュIIは価格がネックですが、モノはしっかりしたものでしたのでオススメです〜!

  2. […] chachaby's cafe【レビュー】MONORAL 焚き火台を実際に使ってみます。耐火クロスに難ありhttps://chachaby.com/camp/1885MONORAL(モノラル) 焚き火台。いざ。Snowpeakの焚き火台から、MONORALの焚き火 […]

タイトルとURLをコピーしました