シェルフコンテナに天板ってあれば便利ですよね? 作っちゃいましょう!

シェルフコンテナに天板ってあれば便利ですよね? 作っちゃいましょう!

シェルフコンテナ50(天板のお話


 

シェルフコンテナを用意しました。


シェルフコンテナ(通称:シェルコン)使ってますか?

ウチでは、撤収3時間をどうにか短縮したく、少しずつではありますが物をスタックし、キャンプギアをコンパクト化する方向にシフトしました

撤収時には、一番最後に家族で軽食とコーヒーを取るのがいつもの流れなのですが荷物が多い為、どうしても時間に追われ、そんな余裕がない時もあります。

シェルフコンテナであれば、車のトランクに一番最後に載せられる為、最後まで使うバーナー、ガス缶、簡単な食品を集約し、天板を乗っける事でコンテナ兼テーブルとして利用できれば、荷造りの順番待ちなどで、片付けが進まなくなる事や、無駄なキャンプ用品も少し減らせそうです。

※ ウチは荷物テトリスなので、積み込みの順番があり、それぞれ準備が出来ないと車に載せられず、あの荷物待ちで、この荷物が積み込めない!って事が多々あります。

 

天板があれば便利そう。


シェルコンの天板として、ステンレス製のものや、IGTスリム(新型)の天板を流用されてる方を見受けました。とても良い感じなのですが、ちょっと我々のイメージと違う感じ。

気にいる木製の天板を販売している所がなく、そんなに難しくなさそうなので、思い切って利用幅が広がるであろう天板を作りました!

ちなみに、SnowPeakから出ているもので天板テーブルを準備しようとすると、下記のものが必要になります。天板はIGTスリムじゃなくても良く、テーブルトップのウッドテーブルなんかでも良いです。

ガーデンユニットテーブル ウッドトップ を使ってる方もいらっしゃいました。実店舗でもそのスタイルで展示してる所も有りました。

要するに、IGTの幅に合うテーブルトップがちょうど良いようです。しかしながら、竹のテーブルトップ、ステンレスのリッドトレーのいずれもがハンギングラックのサイドフレームの高さより厚さがない為、テーブルの縁が際立ってしまい、ガーデンウッドトップ以外の物は若干使い勝手が悪そうです。

イメージ的にはフチが高いテーブルで、大袈裟に言うと弁当箱みたい。ついでに、シェルコンを閉じた状態では、ハンギングラックは結構無理やり押し込む感じ。キズが付くかもなので、気にされる方は辞めておいたほうがいいかもしれません。※問い合わせが多いので、中間ギャラリーに写真を載せました。

 

IGTハンギングラックフレーム(これを土台で利用)

 

IGTスリム(天板のみ利用)

 

ガーデンユニットテーブル ウッドトップ (天板に利用。これが一番しっくりかも

※ オススメ!

 

 参考:スノーピークストア。ウッドトップを利用していました。

 

テーブルトップ(竹)こっちは1枚でOK

 

テーブルトップ(ステンレス)こっちは2枚必要

 

ギャラリー(既製品で済ます場合)


既製品で済ます場合の問い合わせが多いので、一応写真を載せておきます。ウッドトップは持ち合わせていないので、テーブルトップ竹(W)の場合になります。ガーデンユニットのウッドトップだと、もう少しハンギングラックのフチが隠れます。

弁当箱感が有るというのは、下の写真の通り。(ハンギングラックの縁が立ちすぎる)

 

それと、ハンギングラック自体はリベット加工っぽいのがされていますが、その上に置く感じです。無理やり押し込むと入りますが、やっぱ通常のキャンプではつかない傷が付くと思います。ツールや金属加工が可能な方は、リベットの裏側をちょっと削るかして、別の方法で止めると邪魔しないかもしれませんね。

リベット部分もマクロ撮影しておいたので、念のため載せておきます。

 

 

自分で用意する!


ウチでは、利用用途にあった物を用意したいのはもちろんありますが、何よりもコストをあまりかけたくない部分だったのと、既製品では木製のテーブルがなかった為、ホームセンターで下記のサイズで木材を用意し、2枚分自作しました。

 

天板本体

▶ 530mm x 390mm x 19mm
※ コーナーは30Φで角落としをお願いしました。

ストッパー として利用する木材

▶ 350mm x 10mm x 10mm

 

それぞれ2枚分用意。木材に加え、防腐塗料と木工ボンド、木材用の釘を用意し、トータルで5000円をちょっと超える位です。木材だけなら3000円程度。

道具や塗料がある方は、1枚あたり1500円程度ですね!

ちなみにシェルフコンテナ本体は、けっこう捻れるんです。なので、上記サイズで本当にジャストです。これ以上削ると詰め込んだ荷物によってシェルコンの胴体が膨れ、天板のサイズを超えます。人によって積み込むものが違うと思いますが、我々は比較的重い物を詰め込んでます。なので空っぽの状態であれば天板のフチが5〜10mm程度余るくらい。重い物や、ギュウギュウに荷物を詰め込むと、本体が若干膨れてツライチ程度になります。

 

 

シェルコンを閉じた状態で載せると、下記のようになります。

 

 

開いた状態でも載せられます。

 

 

シェルコンを2段スタックした場合は、一番上に載せると我々の利用しているローバーチェアにピッタリな高さに。

▶ ROVER CHAIRの記事はこっち!

 

carrier containerカテゴリの最新記事